★予想!田中恒成×クリスチャン・バカセグア

1.田中のKO勝ち
164
2.田中の判定勝ち
47
3.バカセグアのKO勝ち
26
4.バカセグアの判定勝ち
13
5.ドロー
21

[2]名古屋圏での試合のような「恒成がんばれ」の空気が無い中、派手な勝ち方をしたいという意気込みが少々空回りしつつ真っ正直に挑んで熱戦になった挙句、しっかり判定勝ち。│墨描│2/18
[1]バカセグアの試合を初めて見ましたが…正直世界戦にレベルでしょうか?日本ランカーでも勝てる選手が居そう。田中とスピードの差がかなりあるし、ディフェンスも良くないので、安牌の四階級制覇です。 もう苦戦すら許されない相手だと思うし、4Rで KOと予想します。ただガードが下がった所に事故的な一発を貰わないように注意ですね。 でも、なんか田中の四階級制覇って相手が微妙すぎてなんか…ね。実力があるのは重々承知しているのですが、マッチメイクが好きになれない…│ラオウ│2/18
[1]相手として少し格が…中盤に倒せるか。頭に注意。│ローカル│2/15
[1]圧倒的なスピード差でワンサイドに打ちまくり、上下のコンビネーションで削り終盤ラッシュでストップ!! しかしこの決定戦だけはハテナマークですね。正規王者に挑もうよ。又決定戦?っていうのが正直な感想。チャンピオンに挑んだのはフライの木村だけだもん。│ヒサシヤマ│2/13
[1]1R後半くらいから、田中のパンチが当たり出す。スピード差が明らか。中盤までに田中がKOで王座獲得。│トラトラトラ│2/12
[1]スピードの差は歴然として、左右が回転よく決まり 6回連打からのストップ勝ちといます。│panerai│2/12
[2]余程のことが無い限り、中差以上の判定勝ちで田中が勝つと思いますね。│ハイロ67│2/10
[1]メキシコ人の力量が噂通りなら、序盤ストップもありえそう。スピード差を活かした田中が序盤から攻めまくって4回TKO。│弱太郎│2/9
[1]序盤からスピード全開。右の大きなパンチや左フックを当て5回あたりにダウンを奪い、8〜9回でストップ。│きっかけは町田│2/9
[1]総合力で田中恒成が7-3で有利。序盤から自信をもって打ち合いに臨み、回転力と手数で圧倒。ボディ攻撃でダウンも奪い、8Rには連打を纏めてレフェリーストップ。│浪速のドサ拳│2/9
[1]試合が決まった時点での既定路線。つまんね。むしろこの相手を倒しきれんかったらヤバいでしょうね。多分終盤までズルズルとかかりそうな予感。11Rくらいでレフェリーが仕方なしにストップ、TKO。おめでとうございます。│地方土人│2/9
[1]相手が弱すぎる。田中にベルトをプレゼントする試合です。7ラウンドにボディでテンカウント。│隠し剣│2/9
[2]田中選手は時折バカセグアの大きなパンチを貰うシーンもあるが、スピードと手数で圧倒し大差判定勝ちで世界最速の四階級制覇達成☆│sugaアール│2/9
[1]バカセグア(以下ロッキー)はジャブを主体に組み立てるオーソドックスなスタイルで力の入ったパンチを放つ、典型的なメキシカンスタイルのボクサーだが、スピード・テクニック・スタミナはいずれも並のレベルで、スタンスの広いベタ足のスタイルでは、スピードスターの田中選手を捕えることは出来ないだろう。体格はほぼ互角とみるが、ロッキーはリーチが長く、そのため田中選手は自分の距離を掴むまで若干のラウンドを費やしそうだが、それ以降はスピード差を生かした田中選手の一方的な展開となるだろう。5Rあたりでロープに詰めパンチをまとめたところでレフェリーがストップすると予想。│春田真人│2/9

人気商品ランキング