★予想!井岡一翔×ホスベル・ペレス

1.井岡のKO勝ち
46
2.井岡の判定勝ち
83
3.ペレスのKO勝ち
33
4.ペレスの判定勝ち
11
5.ドロー
10

[3]前半は判定になる様な退屈な展開…7Rあたりにペレスが、バックステップで下がった井岡にパンチを当て、ダウンを奪う。そこからは、ペレスが調子を上げて行き、10RあたりにTKOで勝利。│TO│12/30
[3]井岡は田中戦以降は、ハッキリ衰えている。衰えをキャリアと職人芸のテクニックでごまかしごまかしダラダラスパーのように流してる感じ。スピード感も感じられないし。 意外なワンパンチを喰らいダウンを奪われ、立ち上がって再開後ラッシュでストップ│ヒサシヤマ│12/29
[4]正直今回は井岡の判定負けを推します。 実力差からすれば井岡の判定勝ちが順当だと思いますが、モチベーションの低下が原因でボクシングが雑になり序盤から強引な仕掛けと打ち合いに付き合って、パワー負けしてペレスの勢いを止められない展開に。 後半にペレスのスタミナ切れで巻き返しを測るが時既に遅しで王座陥落。 KO負けはさすがにしないと思うが… まぁ予想というより願望ですけど│ラオウ│12/29
[2]ペレスの思い切り振ってくるパンチをいなしながらポイントを積み上げる井岡チャンプだが終盤大ぶりの右フックもらいダウン!かなり効いたダウンでこのままKOもある展開だったがなんとかしのぎ井岡チャンプの判定勝ち。115―112が一者、114―113が2者の薄氷を踏む防衛戦となった(笑)│sugaアール│12/28
[2]井岡が技術で上回りながらもイーブンペースで淡々とラウンドを消化し続けるが、余裕をみせたい井岡がそれ故にペレスに打たせる場面もあり118-110で井岡の判定勝ち。│きっかけは町田│12/27
[2]まったりボクシングで判定勝ちでしょどうせ。色気を出せばスイングを喰らってバランス崩して「あわや」というシーンもあるかもね。望みは薄いけど…。幸運なのはこの試合が地上波放送がない事。こんな試合を地上波放送で流された日には楽しみなEテレの0655-2355スペシャルが見られんくなってしまう…。俺の貴重な大晦日の楽しみを潰されなくて良かった。中谷から逃亡した時点で価値無し。この試合を以て引退して下さい。│地方土人│12/25
[1]井岡は1,2ラウンドで、早くもペレスの動きを見切り始める。大振りのペレスの打ち終わりに的確にヒットを重ね、技術の差を見せつける。井岡、中盤までに、久々のKO防衛に成功。│トラトラトラ│12/25
[3]井岡のモチベーションと圧勝するという前評判。そして相手はKO率の高い相手。番狂わせの下地は整っているように思える。いかにボクシングマスター井岡といえども、今回ばかりは魔物に襲われるような気がしてならない。│小池B子│12/25
[2]堅実な試合運びでフルマークに近い判定勝ち。ダウンシーンはなし。│弱太郎│12/25
[3]井岡選手の試合前の発言がこれまでと異なり、無理をしている様子。精神的ストレスが自滅に繋がると予想。ペレス選手側よりも井岡選手側の問題で自滅KO負けを予想します。│医師の拳│12/24
[2]ペレスのボクサーとしての私的評価は一言で「雑」。スピード・スタミナはそこそこあるものの、ジャブやストレート系のパンチが少なく、フックを強振する。技術や戦術に目を見張るものも無く、世界タイトルに挑戦するほどの実力があるとは思えない。WBAの本部が置かれているベネズエラ人選手の特権か。 試合はペレスがフック系のパンチを強振しながら強引な攻めを見せるが、井岡選手は絶妙なポジショニングで交わし、ペレスの打ち終わりをカウンターで当てていく展開となるだろう。序盤はペレスの勢いに若干手を焼くものの、動きを見切った後は井岡選手が主導権を握り、結果8〜10ポイントの大差判定で勝つと予想。 井岡選手はKO勝ちを宣言しているが、元気のあるペレスを倒すのは難しいと考える。あとはペレスのコンディション次第。│春田真人│12/24
[2]安定の判定勝ち│ゴロマキの権藤│12/24

人気商品ランキング