人気商品ランキング

★予想!村田×ブラント

1.村田のKO勝ち 124
2.村田の判定勝ち 65
3.ブラントのKO勝ち 46
4.ブラントの判定勝ち 82
5.ドロー 27
[4]ブラントにダウンを奪われ、苦しい展開。KO負けは拒否するも3−0での判定負け。│光太郎│10/14
[1]ブラントは言われるほどスピードもない。動きや攻撃のバリエーションも乏しく、村田のガードを破れるとは思えない。様子見を終えた後はワンサイドで村田が勝つ。│村田兆治│10/12
[1]ブラントのパンチはスピードあって返しとかシャープなんだけど、エンダムに比べてパンチも動きも直線的であまり角度や時間差が付かないと言うか…村田にとってはより分かり易いと言うか。プレス掛けた際の相手引き際のショートアッパーとかを注意しておけば、殆ど村田が追い回すだけの展開になる気が。心配なのはKO狙い気負いから村田が墓穴掘る事かな…│ローカル│10/12
[1]村田が左ボディ、右ストレートで終始攻勢をとり8Rに仕留めるでしょう。│名無し2号│10/12
[2]村田はワンツー、左ボディを軸にブラントを攻めるが、被弾を恐れ、単発となりダメージを与えられない。後半、ブラントをロープに追い詰め手数をまとめるも粘られ、終わってみれば中差の判定で村田の防衛。│川流河童│10/10
[2]終始、圧力をかけ続けたチャンピオンの強打が挑戦者を捉え、逆に挑戦者のパンチは鉄壁のガードに阻まれる。終わってみたら完勝という印象が強い形で判定で防衛成功。│ファイファン│10/9
[2]村田のたまに見栄えの良い単発はあるが手数の少なさと、ブラントの有効打は少ないが手数の多さで2-0か2-1でギリギリ生き残る。どれだけ早い回からギアを上げれるかがカギ。│きっかけは町田│10/9
[2]村田はガードを固めてときおり強烈なフックを見舞うが、攻防分離で手数は少なめ。ブラントはフットワークを駆使して手数で上回るも有効打は少なめ。日本の感覚だと中差で村田だが、ふたを開けてみるとスプリットで村田がきわどく防衛。│トラトラトラ│10/8
[1]ブラントの直線的な動きは、村田選手のスタイルとかみ合いそう。 早いラウンドで相打ちの右が決まると予想。│予想屋│10/8
[1]手数では序盤上をいかれるが、ガードとボディ攻撃で村田がプレッシャーをかける展開。4R〜5R辺りで村田のボディ攻撃をブラントが嫌がり始め、7R辺りからそれが顕著に。足も動かなくなり、手数も無くなったブラントを前進しながら攻め立てまくり、11R辺りで脇腹に故障やダメージを抱えたブラント陣営が棄権を申し出て、村田のTKO勝利。│浪速のドサ拳│10/8
[4]ブラントの判定勝ちを予想。ロングレンジから左のリードで手数を稼ぎ、あえて村田のガードの上を叩かず、村田の攻撃を引き出しながらカウンターを狙う。村田も時折有効打を叩き込むが手数の差で僅差判定負け。│koumonmax│10/8
[4]スピードと手数、パンチの見映えの小差が明確に積み重なり118-110〜116-112のユナニマス予想。プレスからのワンツー左ボディー以外の攻め手が加わればあるいは…? もう少し重量級で夢が見たい。頑張れ村田さん!│ふぇのむ│10/8
[1]いつもの様にガード固めて淡々と堅実に攻めて行けば、自ずとブラントの消耗からくる綻びに対して村田の右ストレートが通る数は尻上がりに増えて行く。スロースタートでも終わって見れば村田の圧勝KO防衛。│ICE│10/8
[4]村田選手が強打とプレッシャーで詰め寄るも、ブラント選手の手数に押され小差の判定負け予想です。覆して欲しいけど…。│ポンカ│10/8
[1]ポイント勝負では厳しいかも。8Rくらいまでは試合を支配され、手数も少ないまま。しかし、後半にワンツーからのダブルの右ショートでダウンを取り、TKO勝利!│スフィンクス│10/8
[1]前半苦しむかも知れませんが徐々にペースをつかみ9RでレフェリーストップのTKO勝ちと予想します。│野田草履│10/8
[2]浜田vsシールズ戦を思い浮かびました。相手の軽打で顔を腫らして2-1辛勝。│-│10/8
[4]村田は前回と同じ出来だと、手数の少なさが災いして中差の判定負けと予想します。とにかく初回からプレッシャーをかけ、先手先手で手数で上回ることが重要だと思います。│モロダシ・ボン│10/8
[2]KOで倒してほしいですが、何となく2〜3ポイントぐらいの判定で3−0の判定勝ちという予想が頭に浮かびます。 │TO│10/7
[2]村田が強いプレッシャーからの攻勢で序盤から圧倒するも、バリエーションに乏しい攻撃で倒し切れず。ダウンシーン無しの大差判定勝ち│弱太郎│10/7
[1]序盤4ラウンドは相手のジャブに手数で負けて大ピンチ。中盤から相手が疲れて右ストレート連発。8ラウンドにボディから強いのが入ってブラント、ダウン。タオル投入で終わり!│隠し剣│10/7
[2]両者決め手がなく何となくお互いが取ったラウンドがあるも結果的には村田の手が上がるのでは。│panerai│10/7
[2]4点差前後の判定勝ちかなって、ある程度の力量の持ち主が相手で序盤は苦戦するが、中盤から後半に掛けて村田がペースを掴んでキッチリ勝ちきる試合になると思います。│ハイロ67│10/7
[1]ブラントはこれまでのイメージと違い、突進してくる予感もある。村田が防戦に終始する場面もあるが、左ボディで逆転、8R・KOとみる。│山 マサ│10/7
[2]村田が前に出てプレッシャーをかけに行くが、ボディワークが利くブラント相手にパンチがつながらない。スピードはあるが、モーションの大きいブラントの隙を村田がつけるかが鍵になってくる。両者、決定打がなく採点がクロスするのではないか。│アリソンとジェーニャ│10/7
[4]う〜ん。村田1ー2の判定負けかな?。村田の手数のすくなさと、どちらともいえないRが続いて、判定はブラントにといった予想。まだ村田の実力を計りきれない。│トクメイ│10/7
[1]何時もの如く、追い込んで削って倒す形の勝利です。8ラウンドのKOを、予想します。│非A│10/7
[1]同じ様なタイプの両者の対戦です。村田チャンプジャブ出しながら前進するが左は差し負けてしまいます。右も被弾し3Rまでブラント。しかし4R接戦に活路を見出したチャンプの右ショートが炸裂しブラント片膝つくダウン。その後は一進一退の攻防が続き迎えた10R、疲れの見えるブラントに右ボディが炸裂しそのまま10カウント!採点では2者がブラントにつける接戦を制した(笑)│sugaアール│10/7
[3]村田がガードを固めて愚直に前に出るも、ブランドのスピードについていけず、要所でコンビネーションをまとめられ、終盤ストップ負け。予想が外れることを祈る│アカンな〜同好会│10/7
[4]勝っては欲しいが相性が悪そう。いつも通りプレッシャーをかけて要所で強打を決めるも倒しきれず、手数の多いブラントの手が上がる。│八百屋│10/7
[2]中盤に苦戦も、パンチ力のない相手に要所でポイントを取って中差判定勝ち。あまり派手な勝ち方にはならず。│石寺操縦士│10/7
Copyright(C) 2005-2008 Blog de Enquete All right reserved.