人気商品ランキング

予想!八重樫×ゴンサレス

1.八重樫のKO勝ち 129
2.八重樫の判定勝ち 149
3.ゴンサレスのKO勝ち 430
4.ゴンサレスの判定勝ち 88
5.ドロー 17
[4]八重樫はロマゴンのあまりの強さにびびりアウトボクシングに徹し判定まで行くと予想│むなり│8/30
[5]最近のゴンサレスには昔ほどの凄みは無い。ただし、今回はかなり気合いが入っている様子。八重樫が持ち前のフィジカルでどこまで食い下がれるか?八重樫は前半から激しい出入りとボディー攻めを継続出来れば接戦になる可能性がある。ストップ負けが順当だろうが、終盤もつれて2-0でゴンサレス。│アバホ│8/29
[3]顔面ボコボコに腫れてドクターストップ。│ロングマント│8/28
[1]泥臭いファイトで12Rまで粘りに粘り、ラストラウンドで奇蹟のKO勝利!!!を期待したい(希望的予想)│嗚呼│8/28
[3]井岡、ソーサとは次元が違う。ロマゴンの圧勝で決まり。│ヒコ│8/27
[3]希望は八重樫ですが序盤からの被弾で徐々に顔が腫れ、後半レフリーに止められての無念のTKO負け。激闘は楽しみですが後遺症が残りかねないような無茶ながんばりは避けてほしいところ。│素人に毛も生えていない│8/27
[3]失礼しました。予想が1番になってますが3番ですね。ロマゴンKO勝ちの間違いです。│らいだー│8/26
[1]八重樫が練りに練った戦略がロマゴンの前にいとも簡単に潰される。見るとやるとは大違い。攻撃面で見せ場があるとすればオープニングヒットだけか。ロマゴンはここ最近のノンタイトル戦とは違い、遊びを挟むことなく距離を詰め、いつものパターンに持っていくと思います。ガチのロマゴンにいなすボクシングができない八重樫の噛み合わせなら4Rまでにストップされるでしょう。八重樫は、最後まで倒れない事でフィジカルと精神力をファンに印象づける結果になるのでは。│らいだー│8/26
[3]メッタ打ちされてストップKO負けかな。│ヤス│8/26
[1]期待を込めて八重樫のKO勝ち。 そもそも出入りで勝負の空間を創ってきた八重樫。本来のボクシングをすればガッツィリストに載るようなボクシングをしないはず。 序盤からロマゴンのペースを乱すボクシングを期待します。 八重樫が勝つなら、序盤から相手のリズムを崩し混乱させてそこに叩き込むような展開ではなかろうか。後半までもつれ込むとロマゴンが息を吹き返しそうなので、八重樫が勝つなら中盤のKO。 八重樫チームの総合力が試されると思います。│4th.ghost│8/26
[]序盤は八重樫のスピードが生きてポイント取るも、中盤からロマゴンのプレッシャーに押されて失速。KO負けは逃れるものの中差で判定負け。やはり元気な序盤で八重樫がどれだけボディ中心にロマゴンの体力を削れるかだと思う。│コウ│8/25
[2]ロマゴンの前進をかわして被弾しながらも精神力で僅差のポイントアウト│隠し剣│8/25
[2]段取り命。早い段階からこの試合に賭け築き上げてきた、フィジカル、戦略、覚悟に、一点の曇りも無い筈。序盤からロマゴンの間合いを狂わせ、細かく動き、4Rの公開採点で少しでもリードしておきたい。│地味-レノンJr│8/24
[4]さすがに八重樫選手を倒すまでいくのは、難しいと思いますが、目が腫れストップなければ判定でロマゴン!│suga│8/24
[3]5ラウンドか6ラウンドあたりでストップされるかと・・・│桃色竿│8/23
[3]個人的には八重樫に勝ってほしいけど、この姿しか想像できませんでした。ダウンはしないのですが、井岡戦のように目がはれやすいので両目がふさがり、それでも根性のある八重樫は耐え続けますが、止められてストップになると思います。│光太郎│8/23
[4]八重樫はソーサ戦で見せた機動力を活かした戦い方がベスト。しかし、攻撃力で上回るゴンサレスの圧力の前に、徐々にポイントを奪われる気がします。KO必至と見られていますが、八重樫のタフネスとステップワークで判定まで行くと予想します。│モロダシ・ボン│8/22
[1]八重樫さんの早い回でのKO勝ち!右でブッ倒す。 │九重│8/22
[1]倒される前に倒すしかない。│亀石塚│8/22
[3]壮絶な打ち合いにてTKO負け。│プリーツスカート│8/22
[3]八重樫の両瞼が塞がってのストップ負けでしょう。ロマゴンのパンチの質は井岡やソーサとは次元が違う。 ただ・・・こんな予想を覆してくれることを信じています。 │匿名匿│8/21
[2]エドガル ソーサ戦 以上に 打ち合わず、フルラウンド 出入りで戦えば行けると思う! ローマンゴンザレスは距離の取られるボクシングは嫌いそうだから! 八重樫 僅差判定勝ち│ぼくさー│8/21
[5]期待込みで。ロマゴンの右プレスを対処する為に左をベースに右アッパーで戦い、打ち合いをこの範囲で留める事。試合が膠着しても左右フックを振り回しての打ち合いは挑まない事。足は陣取りに使い、ロマゴンから離れ過ぎない事│ローカル│8/21
[2]耐えて耐えて腫れてストップが濃厚だが期待を込めて気力勝ち│ドテチン太郎│8/21
[3]男気は認めるけれど・・・│亀田便毅│8/21
[2]コーキのウーゴルイス戦なみに、打ち合わなければ...。│メキシコのOTTO-II│8/21
[3]序盤のポイントは八重樫東がわずかにリードするが…、中盤になると徐々にローマン・ゴンサレス(ロマゴン)がペースを握り、ロマゴンがおそらくKOで勝つのが濃厚だと思うが、終盤までもつれ込めば八重樫にも勝機はあると思う。│亀田<カメコ│8/21
[3]両者相手の戦い方は予想してくる。どちらが自分の距離を早く掴むか?やはり前半の戦い方こそ鍵だろう。圧力をかけて距離を詰めて放つローマンのボディブローこそ、八重樫が最も警戒しなければいけないパンチ。パワーの差がはっきりでると思うが。│T.E│8/20
[2]出鼻に2つ、3つパンチを当てて前後左右に滑るように移動する八重樫をロマゴンは詰め切れない。序盤はそんな展開を期待します。八重樫は、どこかで打ち合うことになるでしょう。激闘王に変身しても心は超冷静に保ってロマゴンに打ち勝って欲しい。全力で八重樫を応援します。│パノラマ│8/20
[5]僅差で耐える八重樫。誰もが「やはり、負けかな」と思った最終ラウンドで、ロマゴンからダウンを奪って、辛くもドロー防衛。│TT│8/20
[3]ゴンサレスには未だに新井田戦の衝撃が残ってるので払拭してほしいですが後半打ち合ってKOではないかと・・・│KEN│8/20
[3]八重樫には頑張ってもらいたいが、ポテンシャルが違い過ぎると思います。ラッキーバンチでも何でもいいから、強烈な一発を入れて〜│-│8/20
[1]大方の予想はロマゴンの勝利。この状況、何か想いだしませんか?竹原とホルヘ・カストロの歴史的試合です!誰もがかてるとは思っていないこの状況が反って八重樫本人に余計なプレッシャーを与えず実力以上の力を発揮すると見ました!予想は四ラウンドに八重樫がダウンを奪い流れを引き寄せての判定勝ち! │鎌ヶ谷ボクサー│8/20
[3]八重樫は勇敢にかつ戦略的に行って欲しい。玉砕した新井田の二の舞にはならないように、アジリティを最大限に生かしてほしい。│-│8/20
[3]会場に見に行きますが、八重樫のKO負けが最も可能性が高いと思います。 とはいえ、ボクシングは最後まで何が起こるかわかりません。八重樫選手の勝ちの目だって、少なくないと思います。だから見に行くんです。八重樫選手ガンバレ!!予想を裏切ってください。 │tm│8/20
[3]全く気を抜けない相手、八重樫は瞼弱いですから塞がれて終了かな?大橋会長の秘策に期待します。│白ひげ危機脱出│8/20
[3]ゴンサレスとの闘いを選ぶ八重樫選手は素晴らしい。逃げた井岡選手とは覚悟が違いますね。 ただ予想となるとゴンサレス圧勝の様な気がします。最終的にはパワーで押し切られ倒れてカウントアウトと予想します。│たろすけ│8/20
[3]予想をすればやはりゴンサレスのKO勝ち。重厚なプレスの前に徐々に削られていく、あるいは目の腫れが悪化してのストップ負けもあり得ますね。しかし、この試合に関しては予想なんてどうでも良い、とにかく勝って欲しいという祈りだけです!│TS│8/20
[2]予想ではなく期待のみ!当日会場で八重樫チャンプの生き様を見届けます。│ギセンシャ│8/20
[3]相手の右に回りながらの前進攻撃をする八重樫、それを受け止めるロマゴン。リング中央で足を動かしつつの殴り合い。八重樫が至近距離でのディフェンスに冴えたものをみせる。攻撃面でも良いところを再三見せるも、ロマゴンの隙を逃さない鋭いパンチをけっこう被弾してしまう。そして中盤八重樫の目が腫れ上がってくる。ロープ際に追い込まれる八重樫という絵が増える。10Rか11Rかのインターヴァルで目の腫れのため棄権。前半は凌がれ、後半じりじりと押されたという展開。応援しているのは八重樫なんですけれどねえ。こんな素人予想を何とか打ち砕いて下さい。│朝寝朝酒│8/20
[3]機動性を生かして戦うんだろうけれど…ロマゴンのぬるぬるしたステップワークでいつの間にか間合いをしっかりと詰められて終盤までには捕まるんじゃないかな。│地方土人│8/20
[4]八重樫はカオサイに挑んだ松村のように勇敢に戦い、いいパンチも当てるが火力の差で徐々にポイントを失う。 最後まで真っ向勝負で会場はスタンディングオベーション。 惜しくも中差判定でロマゴンが制す。│棚からぼた餅│8/20
[3]八重樫は距離をとり、ヒット&ウェーでいくしか勝ち目はないです。しかし相手は怪物ロマゴン、この戦法でいってもどこかで捕まりTKO負けで勝負は終わります。あえて挑む八重樫に賛辞を送りたい!│マント│8/20
[4]最強の鉾と最強の盾の闘い。焦点は八重樫選手が如何にしてロマゴンの前進を食い止めるのか?激しい出這入り、下がりながらのカウンターだけでは圧力に潰されてしまうので、右ストレートの上下への打ち分け、右アッパーなどでロマゴンの前進を止めて欲しい。肝心の勝敗は八重樫選手の皮膚の質感…瞼が腫れ易いコトから視界が塞がり、中盤〜終盤以降にロマゴンのTKO勝ち。八重樫選手の健闘で素晴らしい試合になると予想します。│if…│8/19
[1]一撃必殺!  南部武士!│G10│8/19
[2]勿論期待込みだけど、大穴とまでは行かないのでは?宇弓さんのコメントにもありましたが、フライでの実績は大きいように思います。 ロマゴンは以外に打たれ強くはないように思うので序盤で一つ良いのが当たれば、そのまま何とかペース離さず判定までいけると期待。3-0小差と予想!│おいろん│8/19
[]ポイントはフィジカルを生かした押し相撲。イメージは畑山−崔2に近い。自分から飛び込んで高速回転の連打、本命はボディー打ち。打ったらクリンチ、押し相撲。打ち返してくる頃には押し返して逃げ回る。要所要所でガチンコの打ち合い。見栄えは悪いが手数、有効打共に揃い、八重樫の全ての引き出しをあますことなく使い切った伝説の泥試合完成。判定勝利!│それっぽい練習生│8/19
[2]ポンサワン戦のように左ジャブ、フックとサイドへの動きを使ってロマゴンの強打を空転させて 手数をどんどん出して足を止めずに打ち続けてペースを握る展開にもっていくと予想 フックとアッパーには注意 多少貰っても打ち返すことで相手の追撃を切る 相手のリズムにさせなければ判定勝ちも十分可能・・・だと思う │亀田評論家│8/19
[4]八重樫はソーサ戦の戦法で行くと思いますが、ロマゴンの流れるような連打を捌き切れずに打ち合いになるけど判定まで行くと思います│コット│8/19
[3]ゴメン八重樫。 俺はお前のことが好きだが、どうしてもその瞬間が脳裏に浮かんでくる。 │脳リャン家│8/19
[4]出入りの激しいボクシングでロマゴンをかく乱するも終盤には捕まると見ます。でもきっと熱戦になると思います。│ハイロ67│8/19
[1]普通に考えれば、ロマゴンでしょうけど、敢えて大穴を狙いたい。│TO│8/19
[3]さすがに八重樫だと厳しいだろうなぁ。│-│8/19
[3]八重樫の強気で打ち合う姿勢が裏目に出る気がする│放浪者│8/19
[2]不用意に打ち合わず直線的に後退せずにヒットエンドラン戦法に徹して判定勝ちと…。│通行人│8/19
[]足を使い、出入りを激しく、時にはカウンターを狙う八重樫。 しかし中盤、逆にロマゴンのカウンターくらう場面も。 ただ、個人的には、八重樫を応援します。│おどけたピエロ│8/19
[2]足を使い、出入りを激しく、時にはカウンターを狙う八重樫。 しかし中盤、逆にロマゴンのカウンターくらう。 ただ、個人的には、八重樫を応援します。│おどけたピエロ│8/19
[2]厳しいと言われた方が良い試合をする八重樫!井岡、五十嵐、ソーサ。腹をくくっているでしょう。TKOになるとすれば右目上の傷が気になりますが簡単には倒されないと思います。大声援も味方につけ僅差でポイント勝ちと予想します。│まなパンチ│8/19
[4]ロマゴンは左ボディと右ストレートを織り交ぜて的確にパンチを当ててポイントを稼ぐ。一方、チャンピオン八重樫はロマゴンの弱点と思われるボディを中心に連打を試みる。後半ロマゴンが東京の夏と八重樫のタフネスに疲れたところ、アウトボクシングに切り替え、中差の判定でロマゴン3階級制覇。八重樫には惜しみない拍手が贈られる。│川流河童│8/19
[3]八重樫の実力は非常に高いけれど、目が腫れやすいところが決定的に痛い!中盤ストップされる可能性が高い。│kom│8/19
[3]4Rくらいまでは八重樫のフットワークが活きてポイントをとる。中盤に捕まるものの、そこはしのぐ。8Rにも捕まるがそこは何とかしのぐ…     11Rで捕まり出したところでレフリーが中に入りゴンサレスのTKO勝ち。ポイントでも差がでているので。妥当な判断。 でも八重樫応援してます!│スフィンクス│8/19
[4]八重樫は追い込まれても、逃げない。だからKO負け。 潔く最後まで男らしく。│でんお│8/19
[3]八重樫のソーサ戦のボクシングを観て、この戦い方でロマゴンも攻略出来るんじゃないかと思ったけど、ロマゴンvsブランケット戦を見直してみたら、ボクシングして勝てるとは思えなかった。勝つには1R初っぱなから一か八かで勝負に出てダメージ与えられるかどうかしか無いような気がします。それでも八重樫の奇跡を信じて参戦します。│ひろ│8/19
[3]パンチの回転力、スピードで勝負するも玉砕の予感が。新井田戦の再現になりそう。│-│8/19
[2]期待も込めて八重樫の判定勝ち予想。非常に難しい相手ですが、今の八重樫なら絶対に無理ということはないかと。基本は足を使いながらも、ロマゴンを前に出させないように要所要所で距離を詰めてパンチを打ち込む。パンチ力でロマゴン勝つは流石に難しいですが、回転の速い連打でロマゴンの前進をストップし、縦と横の動きを織り交ぜながらロープのにつまらないようにできればな、と。後手に回らず、常に先手を取り、時には思い切り距離を詰めて連打を見舞う。八重樫は以前より相当フィジカルが強化されているので、接近して押し合いになっても下手に体負けすることはないと思います。未だ無敵のロマゴンですが、フライ級になってからの両者を比較すれば、なんとかつけいる隙もあるし、無敗故の油断もあると思います。八重樫のブログに「負けない」ではなく「勝ちに行く」とありましたが、まさしくその位の気持ちがないと勝てないかと。単にアウトボクシングで逃げ切るのではなく、「倒してやる」ぐらいの気持ちでやらないと喰われるでしょう。いかに距離を支配し、勇気を持って飛び込めるか、がカギだと思います。言うは易し、行うは難しの言葉通り、そんなにうまくいくはずはありませんが、陣営と八重樫の徹底した準備があれば不可能ではないはず。│座椅子│8/19
[4]ロマゴンは、本当に穴のない完成度の高い選手。スピード・パンチ力とも非凡なものをもつ八重樫とて対処に苦しむでしょう。ロマゴンは、得意のすり足でプレッシャーをかけ続け、自分の距離を維持できない八重樫は、多少見せ場をつくるものの判定を落とすのでは・・・。│MJ│8/19
[3]八重樫は頑張ってくれると信じてはいるが、とても勝てる気がしない。正直、モノが違いすぎる。│リングサイドでうたを聞いた│8/19
[3]八重樫がロマゴンの攻めを想定して練習しようとも結局、ロマゴンの展開に持ち込まれてしまうでしょう。それがロマゴンのプレッシャー。で、八重樫は打ち合った末にKO負けと予想。長谷川VSマルチネスみたく。│さざびー│8/19
[3]今回は井岡戦のような顔になるまで放っておくレフリーではないと思います。両目塞がったと判断された時点でストップされてしまうでしょう。│-│8/19
[3]序盤は八重樫が出入りでポイントを稼ぐが、中盤以降捕まり8RくらいにKOされると予想。正直外れて欲しい。│DOH│8/19
[4]勝ってほしいけど普通に考えれば勝つ絵が浮かばない。予想を覆して八重樫!│アマアラサー│8/19
[3]八重樫選手に精一杯の応援をする!。…が、粘る八重樫選手だが、目の腫れがひどくなった後半にストップされるんではないかな?│blackjeep│8/19
[3]ミスマッチ。パンチ力が違う。八重樫はガードが甘い。例え判定まで行っても帝拳判定炸裂で勝ち目がない試合。│バターのボディーブロー│8/19
[4]八重樫は生き様を見せてくれると思いますが、やはり結果は厳しいかと。イーグル戦みたいに、危険な状況下で頑張りすぎぬ様、チームには英断を強く求める。│国士無双│8/19
[2]期待を込めて│-│8/19
[3]八重樫が足を使っても最後は捕まる気がする。ましてや正面から打ち合ったら、新井田みたいに前半でストップされてもおかしくない。それぐらい2人のパワーには差があるんじゃないかと思う│-│8/19
[2]あえて八重樫の攻略を推す。ロマゴンは攻守ともパターン化しているので、ダメージ蓄積は怖いけど出入りのボクシングで僅差判定勝ち!│石寺操縦士│8/19
Copyright(C) 2005-2008 Blog de Enquete All right reserved.