〜★萌花がもっとも夢中になった70年代★短編作品★もっとも心に残った作品は?〜★

1.ウエディングベール
2
2.恋しているんだもん
0
3.セーラー服のお嬢さん
0
4.エレナの赤い花
4
5.コスモスの咲く季節
13
6.雪どけ道で
11
7.スペインの花嫁
8
8.スペインの恋人たち
5
9.タヒチアン・ロマンス
19
10.オーレ!ロマンス
0
11.わが命の賛歌
12
12.あの娘のハートはだれのもの?
3
13.青春のエチュード 「練習曲」「出発」
11
14.ビバ!ジャネット
2
15.いもうと
22
16.鐘の鳴る街
3
17.高原のルンナ
0
18.バイキングの女王
4
19.柿の木のある家(80年代作品・ばすせない♪)
19

[6]タイトルを見るだけで感動がよみがえってきます(;;)小学生のとき、上原先生にはデパート屋上のサイン会でお会いし、色紙にサインを頂き握手した日を思い出しました。37年前になります。│ゆゆゆママ│5/8
[13]この中で唯一、雑誌掲載時に読んだ作品。年下の男性っていうのが小学生の私にはドキドキ☆両作品ともラストが余韻を感じさせて印象的でした。(アンケートには無いけど、70年代作品のマイベストは「杏の咲く音」。上原先生と初めて出会って、恋が始まりました) │奈々子│1/9
[5]アデリアの純粋な心が外見にも反映されてますね。│りこ│11/12
[15]20ページ程度の作品でしたが、何度読んでも泣いてしまいます。二人の娘をもってから、尚更心にしみました。│タッキー│11/28
[6]今までかなり迷いましたが・・・やっぱりこれですね。リーナとリーナのママ、子供心にグッときました。│みゆあ│11/6
[9]いつか本物のティアレの花が見てみたい!私に「ロマンス」の原点を教えてくれた作品│しろ太│7/16
[15]まさに当時、小学3年生買ってて読みました。何度繰り返して読んだか。 ずっと忘れる事はなかった、というか、今でもしっかり覚えてます。│京子@オランダ│5/16
[15]8歳位に学年誌で読みました。運命のいたずらによる離別と再会がずっと心深く刻まれています。│seri│5/3
[15]ずっとタイトルしか分からず、30年近く探していました。今までで一番印象に残ったまんがでした。今日はじめて、上原先生の作品だということがわかり、早速投票させていただきました。またぜひ読みたいです。│manaryou│4/25
[5]切なく淡い恋物語、素敵でしたねぇ〜│らぶはな│4/10
[19]読み終わってもかわいそすぎて忘れられませんでした。│iam│3/14
[8]私がフラメンコをはじめるきっかけになった本に収録されていて1番好きな内容です。│chaka│3/10
[7]迷わずコレです。│琴音│2/5
[6]初めから終りまで「典型的な少女マンガ」かもしれないけど、それでいてホノボノとシミジミと心暖まる展開は、誰にも真似出来ない「上原ワールド」。 ・・・どんなに心寒い夜も、こういう作品に暖められて、凍えることはなかったですね。│TTZ−L│2/1

人気商品ランキング